楽天ウェブサービスのXMLを表示する方法について。

それでは楽天ウェブサービスで、XMLを表示してみましょう。

XML(extensible markup language)とは、マークアップ言語の一つで、タグでデータに意味を持たせることができます。

これから使うAPIは、楽天商品検索APIです。

http://webservice.rakuten.co.jp/api/itemsearch/

まず、楽天のオンラインドキュメントにある例を参考にします。

Webブラウザを起動し、アドレス欄にURLを入力して表示します。

Webブラウザは、何でもかまいません。

IEやFirefox、Google Chromeなど、いろいろあります。

引用

http://api.rakuten.co.jp/rws/3.0/rest?
developerId=[YOUR_developerID]
&operation=ItemSearch
&version=2010-09-15
&keyword=%E7%A6%8F%E8%A2%8B
&sort=%2BitemPrice


↑わかりやすいように折り返していますが、実際は1行にします。
・[YOUR_developerID]には、自分のIDを カッコは不要
・空白は入れないでください。

ここまで出来ましたか?

これを楽天ウェブサービスでは、リクエストURLと言います。

楽天ウェブサービスでは、リクエストURLをサーバーに送ることで、
該当する商品情報のXMLを取得できる仕組みになっています。

実は、XMLを手動で表示することは、大事なことです。

手動でできないことは、プログラミングでもできません。

また、プログラミング中に問題があった時に、

・プログラムが原因なのか、
・XMLの取得ができないことが原因なのか

などを判断するのにも、手動によるXML取得ができることが、大事になってきます。

ここは大事な部分なので、頭だけで理解せずに、手を動かして覚えてください。

手を動かして覚えたことは、なかなか忘れないものです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






第1期 プログラミング実践講座 TOPへ