様々なWebAPIと、マッシュアップについて。

これまで楽天ウェブサービスについて説明してきましたが、

楽天以外にも、さまざまなWebAPIがあります。

そのほとんどは、
REST形式でリクエストし、XML形式でデータを受け取ります。

したがって、楽天ウェブサービスが扱えるようになれば、
あとはちょっとの応用で、ほとんどのWebAPIが使えます。

WebAPIによって、使っている用語が少し異なるのと、
リクエストURLのパラメーターの設定が、ちょっと変わるくらいです。

他にどんなWebAPIがあるのか、調べるのは簡単です。

検索エンジンで、「WebAPI一覧」と入力すれば、いろいろ出てきます。

また、様々なWebAPIを組み合わせた、マッシュアップ(mashup)も、流行りました。

マッシュアップとは、元々は音楽用語ですが、

2つ以上のWebAPIを組み合わせるプログラミングと言う意味でも使われます。

現在、マッシュアップされたサイトは、沢山あります。

興味がある人は、検索エンジンで調べてみるとよいでしょう。

ちなみにWebAPIは、自分でも作ることができます。

これまでに何度も紹介している、
私の作った「全国の特産品検索」も、マッシュアップの一つです。
全国の特産品検索

まず、都道府県や市町村のデータベースを自作して、
XMLで取得できるようにしています。

それと楽天のWebAPIを組み合わせて、このアプリケーションを実現しています。

このように、他社のWebAPIを利用するだけでなく、
時にはオリジナルのWebAPIを作ったり、公開したり、組み合わせることも可能だ
と言うことを知ってください。



スポンサードリンク

スポンサードリンク






第1期 プログラミング実践講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。