楽天ウェブサービスのクレジットを表示する方法について。

楽天ウェブサービスを利用して、これから実際にWebサイトを作成します。

楽天ウェブサービスのWebAPIを使用するには、

楽天で用意されたクレジットを表示する必要があります。
http://webservice.rakuten.co.jp/credit/

とても簡単で、楽天側で用意しているHTMLタグを、

利用しているサイトや、アプリケーションに、貼り付けるだけです。

クレジットには、画像形式やテキスト形式が用意されているので、
好きなものを選んで貼り付けられます。

注意点としては、

画像やHTMLの改変は、行なえないことです。

HTMLタグは、必ずそのままで貼り付けてください。

クレジットの表示位置は、自由です。

普通は見えやすいところに設置します。

例えば、こんな感じです。
http://ws.bzen.net/tokusan/

あなたも楽天ウェブサービスのWebAPIを利用したサイトを作成したら、
楽天のクレジット表示をお忘れなく。

表示は必須ですから。



スポンサードリンク

スポンサードリンク






第1期 プログラミング実践講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。