WebAPIでJSONを使うメリットとデメリットについて。

楽天ウェブサービスでもJSONが使えます。

まずJSONのメリットについて書きます。

JSONは、XMLにくらべて、軽量で、扱いが簡単だという特徴があります。

JSONなら、JavaScriptで扱うのも楽です。

XMLほど手順を踏む必要がなく、データを扱えるからです。

さらにJSONP(JSON with padding)は、クロスドメインでデータを取得することが可能です。

通常XMLでは、他サイトのデータを扱うことができません。

自分のドメイン内のXMLに変更する中継プログラムが必要になります。

そのため、PHPなどのサーバーサイドのプログラミング言語が動作するレンタルサーバーなどでないと、XMLのデータが扱えません。

無料ブログなどで使えないのは、これが原因です。

中継プログラムについては、あとで実際にやってみます。

JSONP形式の場合は、他ドメインのデータでも扱えます。

つまり、中継プログラムが不要なので、無料ブログでも利用できるのです。

しかし、JSON形式には、欠点(デメリット)もあって、

JavaScriptのプログラム内にIDを書くと、第三者に見えてしまうことがあります。

また今のところは、JSON形式を扱えるWebAPIが、まだまだ少ないのが現状です。



スポンサードリンク

スポンサードリンク






第1期 プログラミング実践講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。