WebAPIでJSONやXMLを利用するメリットについて。

楽天ウェブサービスのようなWebAPIで、
JSONやXMLのようなデータフォーマットを使うと、

・異なるコンピューター間や、
・異なるプログラミング言語間で、

簡単にデータの受け渡しができます。

例えば、
楽天のコンピューターと、あなたのコンピューターで、データのやり取りができるわけです。

また、楽天のサーバーコンピューター、レンタルサーバー、あなたのコンピューターという組み合わせもあります。

他にも組み合わせが、いろいろ考えられます。

この時、コンピューターのOSの種類は、関係ありません。

また異なるプログラミング言語でもOKです。

これって結構凄いことなのです。大きなメリットです。

これまでは、PCのOSが異なるだけで、データの受け渡しが面倒でした。

でも、JSONやXMLが扱えるなら、どんなコンピューターでもかまわないのです。

会社間のデータのやり取りにも、便利です。

会社が違えば、使っているコンピューターが違うことも多いですよね。

しかし、あらかじめデータフォーマットさえ決めておけば、
コンピューターの種類に関係なく、

・データの受け渡しや、
・システムの連携

ができるわけです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






第1期 プログラミング実践講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。