楽天ウェブサービスのバージョンについて。

楽天ウェブサービスのオンラインドキュメントには、

「■過去のバージョン」という項目があります。
http://webservice.rakuten.co.jp/api/itemsearch/#INDEX08

過去のバージョンについては、この項目から見ることができます。

実は楽天商品検索APIにも、いくつかバージョンがあり、

それぞれオンラインドキュメントのページが違うのです。

バージョンによって、入力パラメーターや出力パラメーターが、
微妙に異なります。

もちろん取得できるXMLも、微妙に変わります。

なぜ過去のバージョンが必要なのかと言うと、
開発者(WebAPIのユーザー)が、過去に開発したプログラムの動作を保証するためです。

もし最新のバージョンしか使えないと、
過去のプログラムは、全て修正が必要になるので、メンテナンスが面倒です。

この過去のバージョンにあるものは、現在でも動作するものです。

また、マイナーなバージョンアップは、パラメーターで日付を指定します。


&version=2010-09-15

しかし、過去には大きなバージョンアップもあり、

システムのURL自体が変わったことがありました。

http://api.rakuten.co.jp/rws/1.7/rest?

http://api.rakuten.co.jp/rws/3.0/rest?

これからプログラムを作るのであれば、
とりあえず最新のバージョンを使っておけば、問題ありません。

しかし、過去には取得できたが、現在は無いフィールドもあります。

そんな時には、あえて古いバージョンを使うこともあります。

プログラミングのコツの一つとして、覚えておいてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






第1期 プログラミング実践講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。