プログラミングでは、エラーに慣れることが大事です。

楽天ウェブサービスのオンラインドキュメントには、

「■エラー」という項目があります。
http://webservice.rakuten.co.jp/api/itemsearch/#INDEX07

プログラミングには、エラーがつきものです。

まずは、エラーに慣れることが大事です。

エラーが出た時は、焦らず慌てずに、エラーメッセージをよく読んでください。

エラーメッセージの中には、解決するためのヒントがあります。

例えば、楽天ウェブサービスで、ClientErrorが出た場合、オンラインドキュメントに

引用
デベロッパーの入力に起因するエラー。

とあります。

すると、リクエストURLに何か問題があることがわかります。

また、あなたの作成したリクエストURLや、プログラムに問題がなくても、

たまたま楽天のサーバー側の問題で、エラーが出る場合もあります。
ServerErrorや、Maintenanceなど

プログラミング初心者は、エラーが出ると、
つい自分のプログラムをいじってしまい、問題を複雑にしてしまいがちです。

でもサーバー側の問題だとわかれば、「しばらく待ってみる」という判断もできるわけです。

このように、エラーメッセージは、とても大切です。

そこで今回は、わざとエラーを出してみましょう。

これまでに正常に動いたリクエストURLを使います。

どのように間違えたら、
・ClientErrorが出るのか、
・NotFound(検索結果が存在しない)が出る条件
などを探ってください。

エラーが出た時、エラーメッセージから、ある程度、原因を予想できるようになると、
一人前のプログラマーに近づきます。

エラーを体験し、解決することで、プログラマーとしての引き出しが増えたと思ってください。



スポンサードリンク

スポンサードリンク






第1期 プログラミング実践講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。