WebAPIのリクエストURLの間違いを探して、正しく書き直してみよう。

楽天ウェブサービスXMLする時には、
WebAPIのリクエストURLを組み立てますが、

プログラミングでは、間違いはつきものです。

そこで、XMLについて最後の課題です。

以下のリクエストURLには、いくつか間違いが含まれています。

そのためXMLが表示できません。


http://api.rakuten.co.jp/rws/3.0/rest?developerId=[YOUR_developerID]&affiliateId=[YOUR_affiliateID]&operation=ItmeSearch&version=2010-09-15&keywords=サンマsort=+reviewAverage&imageFlag1&availability=1


これを正しいリクエストURLに書き換えてください。

いくつ間違えているかは、秘密です。
XMLが表示できれば、正解です。

なぜこのような課題をやるのかというと、ちゃんと理由があります。

まず、エラーに慣れていただくためです。

プログラミングの学習では、ほぼ必ずエラーが出ます。

エラーが出た時は、慌てずに、エラーメッセージをよく読みましょう。

エラーメッセージの中に、解決の手がかりがあることが多いですから。

また、これからプログラムでリクエストURLを組み立てることになりますが、

エラーが出た時、
・プログラムの問題なのか
・リクエストURLが間違っているのか

判断する必要があります。

初心者に多いミスが、上手くURLを組み立てられないことです。
なんとか組み立てても、間違いが多いです。

それも単純な間違いが。

そこで、今回の課題には、
プログラミングでURLを組み立てる時にありがちな間違いを
わざと入れてみました。

ヒントは、テキストエディタで、
パラメーターの組み合わせごとに改行してみることです。

すると、すぐに原因がわかります。

このようにリクエストURLを改行で分割してみることは、とても大事です。

どこが悪いのか、解決の糸口になるので、ぜひ覚えておいてください。

解答

まず、リクエストURLを改行して分解します。


http://api.rakuten.co.jp/rws/3.0/rest?
developerId=[YOUR_developerID]
&affiliateId=[YOUR_affiliateID]
&operation=ItmeSearch
&version=2010-09-15
&keywords=サンマ
sort=+reviewAverage
&imageFlag1
&availability=1


以下が正しいリクエストURLになります。

http://api.rakuten.co.jp/rws/3.0/rest?
developerId=[YOUR_developerID]
&affiliateId=[YOUR_affiliateID]
&operation=ItemSearch
&version=2010-09-15
&keyword=%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%9E
&sort=%2BreviewAverage
&imageFlag=1
&availability=1


比較すると間違いがわかります。

ItmeSearch スペルミス
サンマ エンコードされていない
sort=+reviewAverage &が無い エンコードされていない
imageFlag1 =イコールが無い



スポンサードリンク

スポンサードリンク






第1期 プログラミング実践講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。