楽天ウェブサービスについての要点を復習しましょう。

楽天ウェブサービスに限らず、ほとんどのWebAPIが、

リクエストURLに入力パラメーターを含めることで、サーバーにどんな情報が欲しいのかを要求します。

これをREST形式といいます。

とりあえず、RESTを覚えておけば、他のWebAPIでも応用できます。

REST形式では、サーバーは該当するデータをXMLで返します。

入力パラメーターにどんなものが使えるか、

また、返って来たXMLの出力パラメーターの意味は、

全てオンラインドキュメントに書かれています。*重要!

したがって、オンラインドキュメントが読めるようになることが、

プログラミングより先に大事なのです。

「早くプログラミングがしたい!」と思うところですが、

ここはグッと我慢して、

オンラインドキュメントの読み方や、リクエストURLの組み立て方を、

しっかり学び、理解しましょう。

そのほうが、後々プログラミングの学習が楽になりますから。

急がば回れです。

ここでXMLの基礎をしっかりやっていたほうが、プログラミングの理解もしやすくなります。

もう少しだけ頑張りましょうね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






第1期 プログラミング実践講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。