楽天商品検索APIの出力パラメーターの読み方について。

楽天ウェブサービスで、XMLを取得する方法を学んできました。

自由自在にXMLを取得できるようになりましたか?

次は、楽天商品検索APIから返って来たXMLの読み方を、
オンラインドキュメントで、確認してみましょう。

オンラインドキュメントの「■出力パラメーター」の項目を見てください。

http://webservice.rakuten.co.jp/api/itemsearch/#INDEX04

ここには、返ってきたXMLのタグについて、意味が全て書かれています。

例えば、フィールド名 itemName は、項目名を見ると、商品名だとわかります。

itemCaptionは、商品説明文です。

itemUrlは、商品URLです。

他のフィールド名についても、同じように確認すれば、全てわかります。

出力パラメーターに一度は目を通し、XMLでどんな値が取得できるのか、見ておいてください。

また、今後プログラミングをする時に、プログラム中でXMLを解析することになります。

XMLは、階層構造になっています。

どの大分類に目的のフィールドが含まれるのか、位置関係が重要になります。

今は大雑把でかまいませんので、大体の位置を掴んでおいてください。

商品情報はもちろん重要ですが、

全体情報に含まれるフィールドも重要です。

総ページ数(pageCount)やページ番号(page)は、ページをコントロールする時に使いますから。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






第1期 プログラミング実践講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。