スポンサードリンク

楽天ウェブサービスAPIを使った中継プログラムを試してみましょう。

楽天ウェブサービスAPIを使ったサンプルの中継プログラムについて、より理解を深めるため、実際にリクエストURLを作成し、XMLを取得してみましょう。

これまでは楽天ウェブサービスAPIのURLを直接使っていましたが、
それとの違いを意識しながら、行なってください。

例えば、今までならこう書いていたリクエストURLが、

http://api.rakuten.co.jp/rws/3.0/rest?
developerId=[YOUR_developerID]
&affiliateId=[YOUR_affiliateID]
&operation=ItemSearch
&version=2007-10-25
&keyword=%E7%A6%8F%E8%A2%8B
&sort=%2BitemPrice
&hits=10
&page=1
&imageFlag=1


以下のようになります。

http://あなたのドメイン名/lib/ItemSearch.php?
keyword=%E7%A6%8F%E8%A2%8B
&sort=%2BitemPrice
&hits=10
&page=1
&imageFlag=1


だいぶシンプルになりましたね。

これを1行にして、Webブラウザのアドレス欄に貼り付け、
移動するとXMLが表示されます。

どうですか?
ちゃんとXMLが表示されましたか?

表示された場合は、中継プログラムが、ちゃんと動作しています。

また、あなたのドメインのURLになっていることを確認してください。

これこそがプログラムとXMLを同一ドメインにするため、
「中継プログラムを使う」という意味です。

中継プログラム内にデベロッパIDやアフィリエイトIDなどを書いているため、
URLの中では不要になっている点にも注目してください。

簡単にプログラミングできるようになるのもメリットです。

ただし、
keyword、hits、page、sort、imageFlag
のフィールドは、必ず使う必要があります。

これらは値が無い場合の処理をPHPに書いていないからです。

また使いたいフィールドが上記に無い場合は、
中継プログラムのItemSearch.phpに書き加える必要があります。

PHPで連想配列を使えば、もうちょっと便利になる、上手く書けるのですが、
プログラミング初心者には、難しく感じると思います。

一つずつ書き足したほうが、今は勉強になりますし。

それでは条件を変えて、中継プログラムを動かし、
いろいろなXMLを取得してみてください。

スポンサードリンク






第1期 プログラミング実践講座 TOPへ