スポンサードリンク

楽天ウェブサービスサンプルプログラムの解説です。

楽天ウェブサービスを使ったサンプルプログラムについて解説します。

Step22でダウンロードして、レンタルサーバーに設置したsample005のことです。

このsample005のプログラムは、
以下の2つの無料講座を行なうと、最終的に出来上がるものです。

Ajax初心者入門講座

楽天ウェブサービス初心者入門講座


プログラムの詳しい説明は、上記の講座に書いています。

そこで、今回はザックリと簡単に説明します。

もし理解が難しいようなら、今進めているステップを一時中断してでも、
上記の講座を行なったほうが、結局は近道になります。

でも結構ボリュームがある講座内容なので、
これからする説明で理解できれば、行なわなくてもかまいません。

またサンプルプログラムのファイルは、
全てTeraPadのようなテキストエディタで、開いて中を見ることができます。

■libフォルダ
・prototype.js
これはAjaxライブラリの一種です。
JavaScriptのプログラムを拡張したり、やさしく書く手助けをしてくれます。

Ajaxライブラリは、他にも沢山種類があります。
検索エンジンで検索すると、いろいろ見つかりますよ。

他にはjQueryなども有名です。

prototype.jsは、インターネットからダウンロードできます。
http://www.prototypejs.org

prototype.jsのファイルを開くと、いろいろ書かれていますが、
今は中身を理解する必要はありません。

使い方だけわかれば大丈夫です。

このような便利なライブラリは、自作して使うこともできます。

・ItemSearch.php
これは中継プログラムです。

テキストエディタで開くと、PHP言語でプログラムが書いています。

なぜ中継プログラムが必要かというと、
JavaScriptのプログラムでは、プログラムと同一ドメインのXMLしか扱えないからです。

これはセキュリティの関係です。

したがって、これまでは楽天のサーバーのURLでXMLを取得してきましたが、
あなた用のURLに変更する必要があるわけです。

http://api.rakuten.co.jp/rws/3.0/rest?

http://あなたのドメイン名/lib/ItemSearch.php?

となります。

それでは、ItemSearch.phpのプログラムについて解説します。

extract($_GET);
これはリクエストURLで指定したパラメーターを、変数として処理します。

つまり、PHPの変数に値が入るわけです。

次に$urlという変数を用意し、
リクエストURLを組み立てて、どんどんつなげていきます。

固定のフィールドには、
それほど変わらない値を、あらかじめ入れておきます。

そうすることで、リクエストURLを簡単に短縮して書くことができます。

変化するフィールドには、
使用するフィールドを書きます。

使えるフィールドは、
keyword、hits、page、sort、imageFlag
です。

これ以外のフィールドを使いたい場合は、プログラムに加える必要があります。
それが今までとの大きな違いです。

header("Content-type: application/xml");
readfile($url);

この部分は説明が難しいですが、簡単に言うと、

この2行で、リクエストURLを送信し、XMLとして表示しています。

以上でプログラムと同一ドメインのXMLになります。

スポンサードリンク






第1期 プログラミング実践講座 TOPへ